松山修平さん

 大阪を離れる直前に、ホテルグランヴィアで開催中の ART OSAKA 2012 に立ち寄りました。ミラノ在住の頃に現地のアトリエにお邪魔させていただいた画家の松山修平さんが新作を出展されていて、ちょうどその日会場にいらっしゃるとのことだったからです。何年ぶりでしょうか、たいへんに久しぶりだったのですが、全くお変わりありませんでした。



松山さんのウェブサイトのトップページに、イタリア語でとても良いことが書かれていたのでちょっと訳してみます:

なぜ仕事をするのですか?と聞かれたら、
私は答えます:成長するために。
なぜ成長したいのですか?自らを知るために。
なぜ自らを知りたいのですか?自らを表現するために。
なぜ自らを表現したいのですか?アーティストであるために。
なぜアーティストでいたいのですか?自由であるために。
なぜ自由でありたいのですか?人生の喜びを得るために。

そう。自由ってホントに大切なことなんですね。

100%自由な人生を歩めるラッキーな人は、ほんの一握りだと思いますが、縛られ続ける日々の中にもささやかな自由を持つことで、人生の幸せ度は全く違ってくるはずです。自分にとっての自由、自分にとっての人生の喜びって、一体どんなものなんだろう..。

奇しくも天童木工の新作のコンセプトも「成熟と自由の証」。

ここ数日「自由」がキーワードのようです。



ちなみに、ART OSAKA には沢山の画商やアーティストが軒を連ねていましたが、松山さんが作品を並べていた芦屋画廊のスペースの3つほど先のミヅマ・アート・ギャラリーの空間には、大学の同期である画家の池田学君の作品もありました。


関連する記事
コメント
あっ松山さん!
今は展示で日本なんですねー。精力的に ご活躍の様で素晴らしいですね!
  • oming
  • 2012/07/10 9:58 PM
omingさん、コメントありがとう。
そう、松山さんは毎年この時期は日本各地で展覧会を開催してますよ。「夏はミラノにいてもやることがない」と仰ってました。たしかに...(笑)
  • 清水慶太
  • 2012/07/10 10:03 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM