クルマと少年 Automobile and the Kid

僕は少年時代の7,8年を自動車大国アメリカ合衆国で過ごしました。その間何度か日本にも滞在したのですが、当時、真っ白でピカピカな小さな箱のような小型車ばかりが走る日本と違い、アメリカではドアやボンネットが外れてしまったサビサビのクラシックカーから世界に数台しかないと思しきスーパーカー、はたまたユーモアたっぷりのトンデモ改造車まで、実に様々な時代の色とりどりのクルマが日常的に行き交う様子が印象的で、僕は毎日のようにインスピレーションを受けてクルマの絵を描いていました。そしてその経験は、少なからず今の自分のデザインに影響を及ぼしていると思っています。どんなふうに?...それは次回書きます。
ちなみに、写真の子供は僕です。

With a couple of temporary returns to Japan, I spent seven to eight years in total of my childhood in the United States of America. To my eyes, the automobiles in Japan seemed to be mostly small, white, clean, and box-like in contrast to the great variety seen the U.S.A.; rusty old classic cars with no doors, super rare super cars, humorously remodeled cars that really make you laugh, etc…. It was natural for me to become interested in the colorful cars from all generations, and they gave me enough inspirations to draw pictures of cars almost everyday. My designs of today are influenced by this experience in no small way. How, then? I’ll write about that in the next issue :)
BTW, that’s me in the photographs.


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM