クルマと少年(2) Automobile and the Kid (2)

 少年時代、僕が描いていたのはスーパーヒーローが乗りそうな非現実的なほどに速くて強い最新式のクルマではなくて、空想のクラシックカーがメインでした。同じクルマの30年代の姿、50年代の姿、80年代(当時の「現在」)の姿、という風に時代を経て同じクルマのスタイリングがどのように変貌していくかを思い描きながら描くのが楽しかった記憶があります。子供ながらに、クルマのスタイリングを通して、世の中に混在する様々な「世界観」を感じ取っていたのかもしれません。
今、たとえば家具をデザインする時、僕はその家具がどのような「世界観」を醸し出すべきかをよく考えます。ノスタルジックなのか、イマドキなのか、未来を感じさせるのか、クールなのか、普く親しみやすいのか、ポップなのか、高級なのか、などなど。一つのテーマをカッコイイ一辺倒ではなく多様なスタイルに展開していくデザイン手法の原点は、小学校時代に没頭したクルマのお絵描きにあるように思います。

During my childhood, the main subject of my drawings was imaginary classic cars instead of ultra high speed groovy vehicles likely to be driven by super heroes. I remember enjoying drawing while imagining how the styling of my car would differ between the ‘30s’, 50s, and the ‘80s (which was “now” at that time). Although I was a child, I probably perceived diverse world views through the observation of car styling.
Today, when designing a furniture for example, I think carefully about how the world view of the furniture should be. Should it be nostalgic, trendy, or futuristic? Cool, intimate, pop, or luxurious? etc…  I feel that the starting point of my method of developing various styles from a single theme, can be found in the drawing of cars that I was absorbed in during my elementary school days.





2015.4.1 追記

ちなみに、右中段に描かれているクルマ、スズキのツインにそっくりですね!指摘をされて気付きました。しかしですね、ツインが発売されたのは2003年なんです。その18年前にこれを描いた当時の僕は未来が見えていたのでしょうか。覚えてませんが…。我ながらビックリです。


postscript 1 Apr. 2015

By the way, I was pointed out that the car drawn in the middle right looks very much like Suzuki’s TWIN, and wow, it does! However, TWIN came into the market in 2003. That’s 18 years after I drew this picture. Was I able to see the future? I don’t remember…. At least I’m very surprised now.



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM