New Portraits

アルゼンチンの熱い血の流れるカメラマン、フランコ稲田さんに先日ポートレートを撮ってもらいました。


以前のポートレートは古くからの友人でもある稲葉誠之さんに「ひと・清水慶太」を真正面から撮ってもらったものなのに対し、今回は「クリエイター・清水慶太」を何時間もかけて整理し抽出した感じで、切り口が全く異なります。


手には、鉛筆削りではなくカッターで削ったステットラー(お気に入りの鉛筆の銘柄)。芯の硬さは「B」(スケッチはほぼ確実にBの鉛筆で描くので)。何でもパソコンの力に頼るのではなく自らの手を使って考えを形にしていくというスタイルを表しています。

背景は我が家の黒板です。自由に描いては消し、その繰り返しの痕跡が重なっている、自分の脳内を象徴しているといえます。


TPOに合わせて使い分けられるように複数のバージョンがあります。うちいくつかをここに掲載します。



Last day, I had my portrait taken by the Argentine photographer, Franco Tadeo Inada.


The portrait that I had been using before was taken by my close friend, Masayuki Inaba, as a “person” straight from the front. This time, Franco and I took time to rearrange and extract the essence of myself as a “creator”.


In the portrait, I have in hand a Steadtler pencil sharpened with a knife. Its lead hardness is B, as I prefer it that way when I sketch. This prop signifies my style of creation; using the hands to realize ideas instead of totally depending on computers.

The blackboard in which I stand or sit in front of symbolizes the thoughts in my head with traces of free drawing and erasure.


There are several versions for different occasions. Here I will post some of them,







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM